性病気の感染法~有効な治療薬クラビット~

性病気には色々な種類があります。
特に多いと言われているのが、クラミジア感染症と淋病です。

クラミジア感染症は性病気の中でも、感染率はナンバー1と言われている程、多くの方が発症しています。
淋病は男性に多く見られる性病気です。

クラミジア感染症の感染法は、コンドーム無しの性交渉と言われています。
淋病のは通常の性交渉の他にも、オーラルセックスも感染法としてしられており、1回の性交渉で約30%の感染率があると言われている程、うつりやすいのが特徴です。

クラミジア感染症の場合、男性・女性共に比較的自覚症状が少ない為、自分が性病気になっていると気づかず、パートナーにうつしてしまうケースも少なくありません。
淋病の場合、男性は激しい排尿痛を感じる為、自分が何かしらの性病気になっていると気づきやすいでしょう。

クラミジア感染症、淋病は無謀な性交渉が感染法となります。
ですので、性交渉を行う場合はコンドームなどで予防し、定期的にパートナーと検査して性感染症を引き起こしていないか、チェックする事が大切です。

もし、クラミジア感染症や淋病を発症してしまっても、薬によって治ります。
クラミジア感染症・淋病の治療に用いられる薬の1つに、挙げられるのがクラビット錠です。
クラビット錠は抗菌薬で、クラミジア感染症・淋病治療の他に細菌性の膀胱炎治療や、サルモネラ菌、レジオネラ菌も対処できる為、性病気だけでなく様々な感染症の治療に処方されています。

クラビット錠を服用する事によって、症状を引き起こしている菌を死滅させ、性病気を完治させるのです。
ただ、飲んだり飲まなかったり、勝手に服用を止めてしまうと菌が死滅せず、なかなか症状は治りません。
ですので、医師の指示に従いクラビット錠は、正しく服用しましょう。