性病の予防と性病症状と治療薬のクラビット

性器に普段とは異なる違和感を感じた場合は、性病に感染している可能性が非常に高くなります。性病症状の一つには、性器から膿が出てくる場合があります。この場合、痛みを伴う場合であれば確認しますので、すぐに気づくことができます。しかし、痛みを伴わない場合は気づきにくく、着用している下着を見てみると、知らぬ間に付着している等によって気づくことが多いです。その他の性病症状としては、性器の痛みや痒みがあります。痛みを感じる場所には、男性の場合であれば睾丸や尿道等があります。これは、感染した菌やウイルスが睾丸や尿道に入り込み、炎症が発生することが原因となります。痒みの場合、男性であれば睾丸、女性であれば膣に症状が出ます。男女に共通して痒みが出る場合は、毛じらみに感染している可能性が高く、この場合は陰毛に症状が出ます。この様に、性病に感染してしまうと、様々な性病症状がありますので、普段と違う感じがすれば、念のためにも病院で検査してもらうことが必要です。感染した場合の治療薬には、クラビット等の抗生物質が処方されます。その他様々な治療薬がありますが、特にクラビットは、様々な感染病に幅広い効果があり、様々なウイルスや菌を殺菌することができます。確かにクラビット等の抗生物質によって治療する事ができますが、頻繁に感染し、何度も抗生物質を服用していると、次第に効きにくくなってしまう可能性があります。そのため、感染を防止するために避妊具を使用する等の予防が不可欠となります。性病の感染は陰部に対してだけではなく、オーラルセックスによって陰部から喉へ感染する場合もありますので、オーラルセックスの際にも避妊具等の予防をしておけば、予防としての効果が高くなります。